一保堂茶舗
老舗町一番街
老舗>一保堂茶舗

一保堂茶舗

一保堂茶舗は、享保年間(1717年)、京都のほぼ中心に位置する寺町二条に近江出身の渡辺伊兵衛が創業。茶、茶器、陶器を扱う店として「近江屋」という名前でしたが,品質の良さは評判を呼び、弘化3年(1846年)山階宮より「茶、一つを保つように」と「一保堂」の屋号を賜ったそうです。一保堂では、木津川、宇治川両水系の気候で栽培された宇治発祥の「宇治製法」でつくられたお茶を中心に取り扱っています。穏やかな香りと上品な甘み、まろやかな味わいが特徴の「京銘茶」です。吟味して仕入れた茶葉を、1年を通じて味が変わらぬようブレンドしているところが専門店ならではのこだわり。大切な人への贈り物にも最適な詰め合わせもあります。

商品数:体) -->

洋菓子・パン
和菓子
米菓
佃煮
惣菜
生鮮食品
セレクトショップ
お茶・海苔
スイーツ(東急フードショー)
デリ&グロッサリー(東急フードショー)
和洋酒(東急フードショー)
諸国銘産(東急フードショー)
諸国銘菓(東急フードショー)
辰巳芳子さんが薦める味(東急フードショー)
洋菓子(渋谷ヒカリエ シンクス)
和菓子(渋谷ヒカリエ シンクス)
Copyright© 老舗町一番街 Since 2007. All rights reserved.